2005年11月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンペイの遺跡(最終日前半編)

2005-11-26 (Sat) 03:23[ 編集 ]
とうとう観光最終日!ポンペイの遺跡カプリ島「青の洞窟」

しかしながら、前日雷雨がひどく、海が荒れに荒れてしまい、カプリ島へ行く高速船すら出航できなかったのです。。残念でしたが、カプリ島の代わりにソレント(あの「帰れソレントへ」で有名な)観光になりました。

ポンペイの遺跡はベスビオ火山の噴火により埋まってしまい、滅びた街です。西暦79年のことです。
後ろに見える山がベスビオ火山です。
20051214030608.jpg


約2000年前の街ということになるわけですが、さすが古代ローマ人。本当に感嘆させられてしまう生活を送ってましたね。
だって、馬車があったんですよ!しかも道もちゃーんと舗装されているし。。
20051214030827.jpg

そして、驚くことに現代同様「歓楽街」があったのです。これが「歓楽街」を示す看板。
20051214030933.jpg
そして、この建物の右側の2階部分に小さな窓があいているのがわかりますか??この窓から女性は男性を招き入れていたそうです。いつの時代もやることは変わらないのね。。。
20051214031039.jpg


2000年前にすでに水道が通ってました。これは鉛の水道管です。
20051214031148.jpg

なんとなんと、「パン屋」もあったのですよー!!!右に映っているのが粉をひくうす、左側が釜です。
20051214031325.jpg


ファーストフード店もありました。銀行もありました。市場もありました。なんでもありました。現代とちーっとも変わりません。

そして、有名な大浴場へ。
20051214031450.jpg

ここは高温大浴場に設置されている大理石ですが、この大理石の中心から水が吹き出て空気を冷やす役割をしていたそうです。

かわいそうに、火山灰の下でなくなった人の型です。。苦しそう。。
20051214031901.jpg

こちらは会議場か何かに使われていたのでしょうか?
20051214032001.jpg

20051214032306.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。